風俗嬢とのメールLINEは楽しまない/風俗嬢と仲良くなる方法!〜呼び方からプレイまで〜

風俗嬢と仲良くなる方法!〜呼び方からプレイまで〜 サイトマップ

風俗嬢と仲良くなる方法

風俗嬢とのメールLINEは楽しまない

 営業用の連絡先だとわきまえる

風俗嬢と連絡先を交換できることがあります。連絡先と言っても基本的には営業用のもので、プライベートなものではありません。風俗嬢がお客に連絡先を教える目的は、「指名して欲しい」ただそれだけだからです。

店ではなく女の子に直接予約を入れることを『姫予約』と言いますが、この姫予約のために連絡先交換を積極的にするよう嬢に言う店もあります。お客からしたら店に出勤確認をして予約を入れるよりも、女の子に直接するほうがいいですからね。

早いし、喜んでもらえるし、恥ずかしくないし、姫予約はメリットがいっぱいなんです。店や嬢としてもそれを分かっているから連絡先を教えてくれるのです。

だからもしも風俗嬢の方から連絡先を聞かれても、浮かれてはいけません。残念ながら相手は『営業』『お仕事』『指名してね』以上の気持ちはないのです。

 喜ばれるメール・嫌がられるメール

営業用だと分かっていても、男にとって風俗嬢と連絡先を交換できるのは嬉しいと思います。いつでも連絡が取れる状態というのは、優越感や親密感を感じますよね。

でもここで注意して欲しいのが、「予約や指名に関係ないメール(LINE)を送らない」ということです。特に雑談や仕事のグチなんて最悪です。店を介さず会おうとするなんて言語道断です。

風俗嬢はお客のそんな話を聞くために連絡先を教えたのではありません。お客様なので明らかに冷たい返事はしないでしょうが内心かなりゲンナリするはずです。

「○日の○時から予約できる?」「今日はありがとう!また指名するね」などが、一番喜ばれる内容です。
風俗嬢とのメール(LINE)では、会話を楽しむ気持ちは捨てるつもりでいたほうがいいでしょう。簡潔に用件だけを伝えるほうが好かれます。

 仲良くなるのは少しずつ

ここまで読んで「予約の話しかしちゃいけないなんて、ただの良客じゃん…」と思ったかもしれません。でも、『嬢と客』以上の関係になりたいなら、まずは良客になるのが最短コースです。

メール(LINE)でいろいろな話をするのはもうちょっと先にしましょう。何度か指名したら「今度有名店のお菓子を持って行くよ。チョコとバニラどっちがいい?」のように、指名を絡めて少しずつ話を広げていくのがいいと思います。

風俗嬢が一番嫌がるのが、『連絡だけ多くてなかなか指名しない客』です。いくら「会いに行きたい」と何度言っても実際に指名しなければ嘘だと思われても仕方がありません。そういうお客はただメール(LINE)を楽しみたいだけだとすぐに見抜かれてしまいます。

次第に返信が来なくなるかブロックされるという悲しい結末を招かないためにも、風俗嬢とのメール(LINE)では余計なことを送らないように気を付ましょう。