風俗嬢を嫉妬させて仲良くなる方法/風俗嬢と仲良くなる方法!〜呼び方からプレイまで〜

風俗嬢と仲良くなる方法!〜呼び方からプレイまで〜 サイトマップ

風俗嬢と仲良くなる方法

風俗嬢を嫉妬させて仲良くなる方法

 女の子は嫉妬深いの!

デリヘルに箱ヘル、ソープ、どんな業種であってもそこで働く女の子はやっぱり女の子。いくつ年を重ねその顔にシワが深く刻まれ、胸が重力に逆らわずに垂れてきても、やっぱり嫉妬深い、それが女の子。

そう風俗の女の子は面倒くさい生き物なのだ。褒めれば嬉しい、指名をすれば気分は良い。でも他の女の子を指名したと分かれば、もう絶頂不機嫌になってしまう。

いつまでもお客様にとって特別でいたい。それが風俗嬢なのですが、この裸の付き合いが恋愛でもアヴァンチュールでもないと分かっていても、やっぱり自分だけを見てほしい、それが春をひさぐ女性のココロの声なのです。

少し話しをして「あっ、このお客さんとは合うな」と思っていたら、当人の男性客が別の女の子を指名していると知り大激怒!勿論大人なのでグッと我慢はしていますが、次回の指名の時に「何で他の女の子を指名していたの!」と怒られる男性諸君はあとをたちません。また出張や家族の行事などで来店が遠のくと、「何で来てくれなかったの?」、「他のお店に行っていたの?」と嫉妬されることも少なくなく、これはこれで自分をそこまで思っていてくれたのかと優越感に浸る男性もいらっしゃるのではないでしょうか。

特に同じ店の他の女の子を指名した場合、大きな怒りにも似た嫉妬に狂う女性が多いということは覚えておきましょう。女の園、そこは華やかに見えて、実は嫉妬沼だったんです。

 嫉妬を逆手にとろう!

お金を支払ってプレイをしているのに、ブーブー文句を言われたらたまりません。でもお気に入りの女の子に嫉妬されるのは、そんな悪い気分じゃありませんよね?

しかし逆にその「嫉妬」を利用して二人の距離を縮めていくことも実はできるんです。例えばわざと他の女の子の名前で呼び、「はっ、その女誰?」とこちらからけしかける大胆な方法。言われた本人は相当気分を害するのですが、そんな時にはこういいましょう。

「色んな女の子と寝てきたけれど、やっぱり帰る場所は〇〇ちゃんだなあ。」

「〇〇ちゃんと一緒にいると一番落ち着くよ……」

などなどとってつけた言葉です。

そう言われると、結局嫉妬深き女性陣も、まあしょうがない今回は許してやるか……となるわけですね。

勿論ふくれている事実は変わりませんが、ここで大きくあなたに対する印象が変わります。つまりこの客は他の女についたけど、私に戻ってきてくれた!今度他に指名したら許さないからね!という感情を植え付けたことになります。

女性としてはあまり気分がいいものではありませんが、単に指名を続けるだけでは湧かない男女の嫉妬の感情を持たせることで、お客に少しの特別感を持たせることができ、仲良くなる第一歩に繋がっていくのです。

 感情を揺さぶり過ぎると嫌われることも

女性特有の嫉妬、これはしばし男女の仲を近づける要素になりえるということをお伝えしています。しかしあくまで自然な流れ、そして度を超したものになってはいけない暗黙のルールがあるということを忘れてはなりません。

当たり前のことですが、比較をし過ぎないこと!これを軽視してしまうと、仲良くなるどころか徹底的に嫌われ、NG客入りしてしまう可能性もあります。

例えば「同じお店の××ちゃんは、そういえば本番させてくれたけど、〇〇ちゃんは沢山指名しているのにさせてくれないよね?」と本番を暗に求めたりは絶対NG!

また「△△ちゃんはフェラももっと念入りで……」、「他店の◎◎ちゃんは、まだ20歳になったばかりなんだよ!」などなど苛立ちを覚える無意味な比較は、私が一番になりたい!、もっと指名してほしい!と思う女性にとっては、単なる戯言にしか聞こえません。こいつは何を言ってるんだ?と本気でキレられる恐れがあるので、嫉妬を誘発させる為だとしても、あまりに空気を読まない駆け引きはNG!

風俗で働く女性とプライベートで仲良くなる手段の一つとしての嫉妬、それは軽いヤキモチから発展していきます。しかしあくまで客と風俗嬢、割り切った線引きの中で上手に感情の糸を押したり、または引いてみたりしてみましょう。